人体への影響はないの?

噴霧される次亜塩素酸粒子は重力によって下方に沈降します。気体状 HOCl(g)の濃度は床面に近いほど濃度が高く、天井に向かうほど低くなります。人が日常的に活動する空間を想定すると、起立姿勢および着座姿勢における顔の位置の濃度は0.002ppmと 極めて低い濃度であり、人体の呼吸器に影響を及ぼす濃度ではないと推定されます。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です